歯科衛生士が求人サイトで探す時に注意すべきポイントを言います

求人サイトで歯科衛生士の仕事を探すとき注意するポイントがいくつかあります。正しい情報を読み取ることでより良い就職先が見つかります。募集時に最低限開示しなければならない情報がきちんと明示されているか確認しましょう。職業安定法や、労働者を雇う時の法律に従い情報を明確にしていない会社はそれだけ法律を軽んじているということになり、労働法通り労働者の権利主張を認めるかが疑わしくなります。最悪、悪条件での労働を要求してくる可能性もある事から、きちんと開示された情報を確認しましょう。開示される労働条件には業務内容や試用期間、契約期間から始まり、就業時間や賃金と細かく明示されなければなりません。全ての項目においてきちんと把握し検討しましょう。平成30年1月から試用期間の明示や、派遣労働者として雇用したい時は雇用形態を明確にしなければならなくなりました。それらの項目も加えられているかの確認もしましょう。

求人サイトで確認したい固定残業制度

また、トラブルの原因となりやすい固定残業代についてもしっかりと確認が必要です。固定残業代とは、毎月定められた時間残業をすることを定めているので、その時間内の残業手当は基本給に組み込まれていることから残業代は支給されないというものです。基本給と残業代は別であると考える人も多く、給料をもらってから残業代が付いていないことに初めて気が付くという人もいます。固定残業代について、働き出してから気が付き問いただしても遅いです。そよ様なことが無いように改正された職業安定法で固定残業代を明示することになりました。歯科衛生士の求人サイトを見るときは、固定残業代制度があるかの確認もしましょう。固定残業代が導入している場合は基本給との区別がきちんとされているかも併せて確認することが必要です。

求人項目の試用期間の重要性について

次に求人情報に歯科衛生士の試用期間がある事も重要です。試用期間とは本採用の前に定められた期間働き採用側が仕事内容を観察し本採用を決めるかどうかの決定をする期間です。多くの企業では3か月から長くても半年ほどの試用期間を設けているところがあります。試用期間があると明示されていて、申し込む側は試された後に採用されないのではないかという不安もありますが、特殊な事例を除いては、試用期間終了時に本採用をする企業がほとんどです。しかし、働く側もこの試用期間は職場を直接体験できるいい期間といえます。転職時には特に重要な期間となります。なぜなら前職場と求められている働き方が違ってくることがほとんどで、評価基準も変わってきます。そのことを確認し、本当に自分にあった職場であるかの見極めができる期間でもあります。