• このエントリーをはてなブックマークに追加

省スペースが魅力の車椅子用階段昇降機

二階建て以上の家屋で、家族のだれかが階段を上下することができなくなった場合、本人だけでなく、本人をサポートする家族全員の日常生活にかなりの影響が出ます。これを解決するものとしてホームエレベーターがあります。車椅子ごと上下階に移動できるので便利ですが、設置のための広いスペースが必要ですし工事も大規模なものになります。階段昇降機であればホームエレベーターに比べ、省スペースを実現できますし、不要になったら取り外すことができるのも大きなメリットです。

小さいサイズの車椅子なら省スペース型導入も可能

車椅子ごと乗り込める階段昇降機は、椅子があらかじめ固定してある椅子式昇降機と比べると、どうしてもサイズが大きくなります。車椅子を安全に載せられるだけのサイズがプレートに必要だからです。プレートとは台車でいえば荷物を載せる台の部分です。階段の幅は、プレートのサイズを決める際の重要な要素です。階段の幅よりもある程度小さいプレートの昇降機なら問題なく取り付けられますが、階段幅よりも大きなプレートの昇降機を取り付けたいのであれば、階段の拡幅工事が発生します。自宅の構造によっては工事が不可能な場合もあります。しかし小さいプレートの昇降機を導入する場合は、それに見合ったコンパクトな機種の車椅子を使うことになります。車椅子を利用する人がコンパクトな機種で日常的に満足したり安心できるかという点も十分考慮し、全員が納得したうえで省スペース型の階段昇降機を導入するというスタンスが大切です。

コンパクトに折り畳めるタイプは便利

車椅子に座ったまま乗れる階段昇降機は、一般的に椅子固定式の昇降機よりもサイズは大きいですが、使用していない時は折り畳むことができる省スペース型があります。製品によって違いはありますが、昇降機の部品の中で一番面積が大きいプレートや、利用する人の体を支える安全バーなど大部分の部品は折り畳めます。折り畳んでしまえばすっきりしますし、生活動線をさえぎってしまうようなことはありません。元々の階段幅に比べると、レールがある分だけ通行可能な有効幅が若干狭くなりますが、家族が階段を使う際にストレスを感じることはほとんどありません。考えなければならないのは乗車、降車する場所です。椅子固定式の昇降機よりもサイズが大きい分、乗り降りするための十分なスペースが必要となります。乗り降りするエリアにあまりゆとりがない場合は、省スペースタイプの機種を選択する方が賢明です。

ピックアップ記事

車椅子用の階段昇降機の公的助成

階段昇降機は、車椅子専用でも固定椅子方式でも、ホームエレベーター同様、国の介護保険制度の対象外になっています。手すりなどに比べるとかなりの高額機器なので全額個人負担となると導入が難しい世帯も出てきます...

レンタルもできる車椅子用の階段昇降機

2019年7月に厚生労働省が発表した簡易生命表では、2018年の日本人の平均寿命は女性が87.32歳で世界2位、男性は81.25歳で世界3位です。高齢化が進むと介護が必要な人口も増えます。階段の昇り降...

省スペースが魅力の車椅子用階段昇降機

二階建て以上の家屋で、家族のだれかが階段を上下することができなくなった場合、本人だけでなく、本人をサポートする家族全員の日常生活にかなりの影響が出ます。これを解決するものとしてホームエレベーターがあり...

法定の安全基準がある車椅子用の階段昇降機

車椅子用の階段昇降機は法律上はエレベーターの一種です。装置としては昇降機と、昇降機を上下させるレールがあります。いずれも厳しい安全基準が定められています。またレールを取り付ける階段や壁面の材質や強度に...